ごんぎつね あらすじ

『ごんぎつね』を覚えていますか?きつねのごんが兵十に罪の償いをするも、最後は誤解した兵十に銃で撃たれてしまうというお話です。

ごんぎつねは現在では小学四年生の国語の教科書に掲載されていて、今も変わらず罪の償いという重いテーマや悲しい最後が純真な幼心に強い印象を残しています。

  • 「他の国語教材は覚えていないけれど、ごんぎつねだけは覚えている」
  • 「ごんぎつねのクライマックスに子どもの頃衝撃をうけた」

という方も多いのではないでしょうか。

今回はごんぎつねのあらすじを振り返りつつ、ごんぎつねの指導や感想文を書く方へ向けたごんぎつねの読み解き方を一緒に考えていきたいと思います。

Sponsored Links

ごんぎつねのあらすじを簡単に分かりやすく!

ごんぎつねの話の流れをおおまかに確認すると以下の通りです。

ごんぎつねのあらすじ(話の流れ)


ごんはひとりぼっちの子狐で、あたりでは有名ないたずら狐だった。

ある日ごんは兵十を見かけ、いつものようにいたずらで兵十のウナギを全部逃がしまう。

後日、ごんは村で兵十の母の葬式を見かけ、自分のせいで兵十が死に際の母にウナギを食べさせてあげられなかったんだろうと察する。

ごんは後悔し、兵十につぐないをしようとして野山の栗や松茸を兵十の家に持ってくるようになる。

ある日、ごんは栗を持ってきて家から出るところを兵十に見つかり火縄銃で撃たれる。

兵十はまとめて置かれた栗を見てごんが栗を持ってきていてくれたことに気付き、ごんはぐったりとしたまま頷いて話が終わる。

Sponsored Links

↓まんが日本昔話にも収録されていますので、こちらも参考にしてみてください。

いつもいたずらばかりしているきつねのごん。ある日、兵十という男が、うなぎをとろうとしていました。ごんは、いたずらをしようと、そのうなぎをぬすんでしまいました。

しかし、そのうなぎは病気になった兵十のおっかあのために兵十がとろうとしていたものでした。兵十のおっかあが亡くなって落ち込む兵十をみて、ごんは償いをすることにしました。

まず、いわし屋のいわしを兵十の家になげこみましたが、そのせいで兵十は盗っ人とまちがえられてしまいました。次の日からは、ごんはくりやまつたけを置いていくようになりました。

ある日、兵十と仲のいい、加助という男に、兵十は毎日誰かがくりやまつたけを置いていくと話しました。それを聞いた加助は、兵十に、それはきっと神様の仕業に違いないといいました。

それを聞いたごんは、せっかく持って行っているのに、むくわれないと思いました。あくる日も、ごんはくりをもって兵十の家にいきました。兵十はごんに気づき、またいたずらをするつもりだなと、火縄銃でごんを撃ってしまいました。

しかし、そのとき兵十は、ごんがくりを持っていたのに気付きました。「ごん、お前だったのか…。」ごんはぐったりとしながら、うなずきました。まだ煙が、筒の中からたなびいていました。

Sponsored Links

ごんぎつねの物語のテーマとは?

ごんぎつねのテーマは「贖罪(しょくざい)」です。

贖罪とは罪を償うことを言います。

罪を償う、と言われて、あなたは何を思い浮かべましたか?

ぱっと思い浮かんだ最初の印象やインプレッションを逃さずキャッチして、大切にしましょう。

Sponsored Links

ごんぎつねの感想文を書く時に絶対に外してはいけないポイント

やはり「贖罪」のテーマ沿った感想が書きやすいです。

感想文は自由なので何に着目しても良いですが、深みがある方が良い文章と言えるでしょう。

2つの観点から提案いたします。

Sponsored Links

①もし自分がごんだったらどう感じる?

もしあなたがごんだったとします。

あなたは幼くして両親を亡くし、持ち前の器量のよさで生き抜くことはできますが、愛情に飢えています。

人里に下りて他人にいたずらすることだけが孤独を埋める唯一の方法です。

そんな日々の中でいつも通りにやったいたずらが、あとで兵十に取り返しのつかない心の傷をつけてしまったと気付きます。

このときあなたがごんだったら、どう感じると思いますか?

ごんは少し後悔したような様子を見せますが、その後のごんの失敗してもめげずに何度も何度も長い間栗を運んで「償い」を続けたことを見ると、ごんの後悔は相当強いものだったとわかります。

「自分がごんだったら兵十の母がウナギを食べ損ねても、気にならないと思う。

なぜなら……。

なので自分は~~な人間なのだと……思います。」

「自分がごんだったら、強い後悔で食欲もなくなるほど打ちひしがれ、人里に近づくのも嫌になると思う。

でも……。」

自分がごんだったら、から初めてその理由を探したり、自分の気持ちやその理由を他と比較することで、深みを出していくことができます。

Sponsored Links

②ごんをどういう性格だと思う?

ごんをどういう性格だと思いましたか?

筆者はこう分析しました。

ごんの行動から読み取れる性格


  • 幼くして両親を亡くした子狐というところから、愛情に飢えている
  • 人里でいたずらするのが好きなことから、周囲の狐と群れるのが好きではない、もしくは群れられない環境に居る
  • 子狐いっぴきで自然を生きていけることやいたずらができることから、頭が良く器用である
  • 兵十へのいたずらを強く後悔していることから、実は情に厚い、もしくは親を亡くすことに特別な感情がある
  • 償いをずっと続けることから、義理堅い、根気強い、強く罪の意識を感じている、罰して欲しい気持ちが強い、行動に見返りを求めない
  • 兵十に直接栗を渡さないことから、ひねくれものか、兵十に申し訳なくて顔を出せない、あるいは兵十に撃たれるかもしれないと知っていた
  • 兵十に撃たれても怒りを見せないことから、撃たれても仕方ないと思っていた、撃たれるかもしれないと予測していた、撃たれても兵十を恨むことができなかった

Sponsored Links

こうした分析をどれほどたくさんできるかが感想文の深さ、ひいては良さにつながります。

「ごんは両親がおらずひとりぼっちでかわいそうだと思った。

他の狐とも馴染めず人里に下りていたずらするだけが孤独を埋める方法だったのに、それが運悪く兵十の心を傷つけてしまってついてないと思った。

その後終わりの見えない償いを見返りもなく続けているごんの姿は痛々しく、撃たれても兵十を恨みもしないごんの一生は不遇で切ないと感じた」

こういった風にごんの分析に注目して感想を書くことで、読者(先生)は筆者(自分)のことを「ああ、こういう感性の人なんだね」と感じ取ってくれます。

それが上手に鮮やかに伝われば、良い感想文だったと思ってもらえるでしょう。

Sponsored Links

作者の新見南吉はどんな人?

作者の新見南吉は以下のような生い立ちをたどった人です。

死後はごんぎつねの作者としてとても有名になりますが、生前は不遇な時期を長く送り、わずか29歳の若さで亡くなっています。

ごんぎつねの作者:新見南吉の生涯


  • 幼少に養子に出されるも戻り、父には進学に強く反対され、継母には虐められと不遇
  • 師匠の事情や不運や病弱体質の影響で不幸が多い
  • 結核で短い人生を終えた
  • 1913年愛知県生まれ、畳屋の次男
  • 複雑な家庭で、多感な心を理不尽に痛めながら育った
  • 成績がとても優秀で、先生が進学に反対する親を説得して中学校に進学できた
  • 中学生のときから児童文学に傾倒、北原白秋主催の童謡集『赤い鳥』に感銘を受ける
  • 1931年(18歳)中学校を卒業し記者として生計を立てる
  • 早稲田大学は父の反対で受験できず、仕方なく受験した教員学校は体格検査で落ちる
  • 代用教員として働く傍ら、寄稿した作品が憧れの童謡集『赤い鳥』に採用され喜ぶ
  • 1932年(19歳)ごんぎつねが『赤い鳥1月号』に掲載される
  • 白秋の事情と不運で作品を発表する場がなくなり、その後も「無名の新人だから」といった理不尽や不運で出版を断られ続ける
  • 病弱な体質が原因で恋人と別れ、その後も何度も病気で寝たきりになったりを繰り返す
  • 29歳の若さで咽頭結核で死去

Sponsored Links

原文と教科書で微妙に違いがあるのはなぜ?

実は私達が教科書で読んだごんぎつねは新見南吉がつくった原作を鈴木三重吉がアレンジしたものです。

新見南吉の原作も一般に公開されていますが、だいぶわかりやすくまろやかに改変されていることがわかります。

ごんぎつねの舞台はどこ?どういう時代背景があるの?

ごんぎつねは作者の新見南吉が育った愛知県の知多郡半田町などを舞台のモデルにしたと言われています。

また作中にお殿様やお歯黒が登場することから、江戸末期から明治にかけてのお話しだと推測されています。

Sponsored Links

ごんぎつねのお話から読み取るべき教訓とは?

ごんぎつねは不運と不幸とすれ違いばかりの物語です。

この物語からは、以下のような教訓を学ぶことができます。

ごんぎつねから学ぶべき教訓


  • 天涯孤独だった子狐のごんが心の孤独を埋めるにはいたずらをするしかなかった
  • それが運悪く兵十に取り返しのつかない傷を負わせてしまった
  • ごんは見返りもなく贖罪を続けたが最後は撃たれて(おそらくは死んで)しまった

教訓とは次に活かすものですが、ごんぎつねを見てあなたはどんなことを自分の人生に活かせると思いますか?

ごんぎつねを見てどこに心を痛めたか、どうしてこうなったのか、自分ならどこを避けたいか。

自分の人生に活かすものですから、自分を振り返って作品と照らし合わせることが必要ですね。

逆に生徒にごんぎつねから教訓を得て欲しい教員の方などは、いかに生徒に良い視点を与えるかが鮮やかなインスピレーションと深い掘り下げを持ってもらうポイントになると思われます。

Sponsored Links

ごんぎつねの感想文(例)

「ごんはいたずら以外の心の埋め方を見つけるべきであったと思う。自分は辛い理不尽や不幸に見舞われたときの心の補償はもっと健全な形で素早く見つけられるよう心がけようと思う」

「兵十に栗を持ってきているところを見られていればこんな悲劇は起こらなかったと思う。だから自分は取返しのつかないことをしてしまった相手にも誠実に正しい対応をとりたい」

Sponsored Links

まとめ

ごんぎつねを読むときには、以下のようなことに気をつけながら読んでみてください。

  • ごんぎつねのテーマは「贖罪」
  • 感想文は「ごんに感情移入」と「ごんの人格分析」で深みを出す
  • 指導案の作成時は生徒に本文で説明した「視点」をきっかけに掘り下げてもらうことを意識する

ごんぎつねをより深く読み解きたいときは、以上のポイントに留意してみましょう。

Sponsored Links