ナーバス 意味

「ナーバスの意味とは?」

この記事では、以下のような内容を簡単に分かりやすく説明します。

この記事でわかること


  • ナーバスという言葉の意味
  • 日本語と英語のニュアンスの違い
  • ナーバスとナイーブの違い
  • ナーバスという言葉の使い方(具体例あり)
  • ナーバスな人の特徴と対策

結論から言うと、日本語でナーバスといった場合には「緊張して神経質になっている」という意味があります。

(英語でのニュアンスについては本文でくわしく解説しています)

言葉の使い方を具体例を用いてわかりやすく解説していきますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

Sponsored Links

ナーバス(nervous)の意味とは?簡単に分かりやすく解説!

ナーバスとは、緊張して神経質になっている様子のことをいいます。

ナーバス(nervous)の意味


緊張して神経質になっている様子のこと

例えば、「あまりナーバスにならないで」といった場合には「神経質にならないで」という意味になります。

日本語で言った場合には、どちらかと言えば否定的な言葉(ネガティブな言葉)という印象がありますね。

一方で、英語で「nervous」といった場合には、ナーバスの意味が少し違っていますので注意が必要です(次の項目で説明します)

Sponsored Links

英語と日本語のニュアンスの違いについて

英語で「I’m nervous.」といった場合には「緊張しています」とか、「ドキドキしています」といった意味になります。

英語で「I’m nervous.」といった場合の意味


  • 「緊張しています」
  • 「ドキドキしています」

直や工夫に「私は神経質な人間です」と訳してしまうと間違いになりますので、注意しておきましょう。

↓一方で、「I’m a nervous person.」という場合には、「私は神経質な人間です」というように、自分の性格や特徴を話すニュアンスになります。

英語で「I’m a nervous person.」といった場合の意味


「私は神経質な人間です」

「私は神経質な人間です」と表現したい場合は「I’m a nervous person.」というように「nervous」の後に名詞をつけるのが正しいというわけですね。

「私は(現在)緊張しています」というのと、「私は(元来)神経質な人間です」というのでは、ニュアンスがずいぶん違いますよね。

英語では細かい文法の違いによって、大きく意味やニュアンスが変わることがありますので、注意しておきましょう。

Sponsored Links

ナーバスとナイーブの違いは?

ナーバス【nervous】は緊張して神経質な様子を表し、ナイーブ【naive】は素朴で純真な様子を表しています。

ナーバスとナイーブの違い


  • ナーバス:緊張して神経質な様子
  • ナイーブ:素朴で純真な様子(英語では「世間知らず」の意味も)

一時的に傷つき神経質になっている場合はナーバスという言葉を使うのが正しいです。

一方で、「元来傷つきやすい性格」を表現する場合はナイーブというように使い分けると良いでしょう。

なお、日本語で「あなたはナイーブなところがある」というとポジティブな印象がありますが、英語で「あなたはナイーブなところがある」というと、ネガティブな意味しかないので注意してください。

英語でのナイーブ(naive)は、「世間知らず」という意味が強いのです。

Sponsored Links

「ナーバス バット グラマラス」の意味とは?

レベッカというバンドの8枚目のシングル「ナーバス バット グラマラス」(Nervous But Glamorous)は、1987年に発売された曲のタイトルです。

直訳すれば「神経質だけど、魅力的な人」というような意味となります。

歌詞の内容的には、恋人のいる男性に片思いしている女性の感情を歌った曲ですね。

その女性の、自分や片思いの相手に対する苛立ちや嫉妬する気持ちを「ナーバス バット グラマラス」と表現しています。

Sponsored Links

ナーバスの反対語と類語

ナーバスの類語や反対語について解説します。

ナーバスのカタカナ語の類語には、先ほどご紹介したナイーブや繊細な様子を表すセンシティブ、傷つきやすいことを表すデリケートなどがあります。

また、異常に興奮している様子を表してあるヒステリックもナーバスの類語として挙げられます。

ナーバスの類語(カタカナ語で)


  • ナイーブ
  • センシティブ
  • デリケート
  • ヒステリック

ヒステリックは情緒不安定というニュアンスがあり、神経質な様子を表すナーバスよりは少し強い表現かもしれませんね。

ちなみにナーバスには反対語は存在しません。

Sponsored Links

ナーバスの使い方を具体的な例文で紹介!

ここでは、ナーバスの使い方について具体的な例文を挙げていきます。

ナーバスを使った例文①:試合に負けてしまった場面で

試合前に日本代表の練習を視察する予定だったが、先日試合に負けたこともあり「今はナーバスな時期なので」と突然取りやめにした。

Sponsored Links

ナーバスを使った例文②:就活の面接前の人に

彼は就職の集団面接を前にして、非常にナーバスになっている。

ナーバスを使った例文③:子育て中の女性に

彼女は子育ての疲れからかなりナーバスになっている。

Sponsored Links

「ナーバスな人」ってどんな人?特徴は?

ここまで記事を読んできた方の中には「もしかしたら自分はナーバスな人間なのではないか。」と思った方もいらっしゃるかもしれません。

そういう方のために、以下ではナーバスな人の特徴をまとめてみました。

普段から自分がナーバスだと感じている方、また周りにナーバスな人がいるという方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

ナーバスな人の特徴3つ


  • ①完璧主義である
  • ②心配性である
  • ③責任感が強い

それぞれの詳しい内容を見ていきましょう。

Sponsored Links

ナーバスな人の特徴①:完璧主義である

完璧主義者とは、常に完璧であろうと努力している自分に対して厳しい人を表します。

完璧主義は、努力すれば必ず実ると信じているので、たとえ小さな失敗でも過度に落ち込み、ナーバスになってしまいます。

ナーバスな人の特徴②:心配性である

心配性とは、考えが悪い方へと傾きがちで、まだ起こってもいないことを過剰なほど心配する様子を表しています。

心配性の方は、例えば外出する際に鍵をかけたり火の元の始末をしっかりしたか何度も確認したりと、帰宅するまでナーバスは状態でけして安心することができません。

ナーバスな人の特徴③:責任感が強い

責任感が強いということは、何でも真面目にこなそうとする素晴らしい人です。

ただし、自分の価値観を押し付けてしまいがちになり、自分ができることは他の人もやって当たり前であると考え周囲の反感を買うこともあります。

そんな周囲の空気を察して、責任感が強い人はついナーバスになってしまいます。

Sponsored Links

「ナーバスな人」の心理と対策は?

ナーバスな人は、自分の気持ちの中にある心理を的確に捉え、以下のような対策を講じる必要があります。

ナーバスな人が自分を変えるための対策


  • ①完璧な人はいないと自覚する
  • ②心配を少しづつなくす努力をする
  • ③自分に自信を持つ

では、詳しく見ていきましょう。

Sponsored Links

①完璧な人はいないと自覚する

ナーバスな人は常に完璧でなければならないと思いがちです。

しかし、世の中に完璧な人は存在しないので、ますがそれを自覚することが大切です。

たとえ失敗したとしてもその失敗から何かを学んだり、失敗を繰り返さないことが大切です。

失敗するからこそ人は成長できるのだと考え、心に余裕を持って日々を過ごしていきましょう。

Sponsored Links

②心配を少しづつなくす努力をする

心配事は数え上げればキリがなく、考えれば考えるだけ心配事が増えていきます。

まずは解決できそうなものから、少しずつ心配をなくす努力をしましょう。

また、心配事を一人で抱え込まないことも重要です。

親や友人に相談すると意外なほど簡単に心配事が解消される場合があります。

また、特に深刻な場合には専門家に頼るのもよいでしょう。

Sponsored Links

③自分に自信を持つ

ナーバスな人にとって大切なのは、まずは自分に自信を持つことです。

自分に自信が持てず他人をうらやんでばかりいると、余計ナーバスな状態となってしまいます。

例えば、自分に自信が持てず他人の目が気になるということは短所であると考えてしまいがちです。

しかし逆に考えれば、周囲の空気が読め、より多くの意見を聞くことができる長所であると捉えることも可能です。

自分の短所を長所に代えることができれば、ナーバスは状態になることを避けられるでしょう。

Sponsored Links

まとめ

今回は、ナーバスの英語と日本語の違いや使い方を中心に解説しました。

ナーバスには緊張して神経質になっている、またイライラしたり落ち込んでいる、などの意味があります。

本文で紹介したナーバスな人の特徴、また心理や対策を元に、ぜひ自身の日常について振り返ってみてください。

この記事がお役に立てば幸いです。

Sponsored Links